税金の滞納による延滞税、滞納を続けると財産の差し押さえも

延滞税とは、税金を指定された期限までに納付しなかった場合に発生する税金です。納税の指定期限の翌日から、支払いをする日にちまでの日数に応じて自動的に税額が加算されて行きます。延滞税の計算方法は国税局のホームページに詳しく載っています。

税金を払わないと延滞税という形で厳しく罰せられますが、さらにその延滞税を払わないような場合、車やバイク、贅沢品などを差し押さえられる場合もあるようです。

税金を滞納した場合、納税が確認されるまで、督促状が送られてきます。それをさらに滞納している場合、延滞税の額はどんどんと上がって行きます。ある程度の期間を過ぎると、税務署からの徴収は出来なくなります。支払い義務の時効ということになるようです。ただし、納税が免除になったわけでは決してありません。自主的に納める事は可能です。

そして、時効になる前にそれなりの手段に出ますので、前に書いてあるような財産の差し押さえが行われ、それらをお金に変えて支払ってもらうなどの対策は考えられています。

延滞税は納税が出来ない理由に関わらず発生します。ただし、やむを得ない理由などにより収入が止まってしまっていたり、入院をしてしまい支払いに行く事が出来ないなど支払いが困難な場合は、税務署などに相談する事が出来ます。相談する事で場合によっては分納や猶予などという形での納税が可能になる場合もあります。納税が困難な場合には早めに相談をしてみることをおすすめします。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ