お金の動きを把握する月次決算、毎月きちんと行えば申告時もラクに

月次決算とは、経営を管理する為に毎月行う決算の事で、経営状態を細かく把握する為にはとても有効的なものです。

月次決算をすることで、収益やコストについて細かく把握する事ができ、収益の内訳や経費の使い道などをチェックし、無駄を省くなどお金の動きを理解しやすくなります。大きく動いているお金に関しても、それが必要なのかそうでないかを素早く判断し、改善して行く事が出来ます。毎月のデータをもとに、年間の予測もでき、決算前に節税対策や、銀行などへの対策もして行く事が出来ます。そして、経営上の強みや弱みを把握し、どのようにして行けば成長して行くかなどの判断材料にもなって行きます。

これらの作業を税理士に依頼する事で、より専門的な目線から、分析をしてもらう事ができ、経理上の税務処理なども正確かつスピーディーに行ってもらえることで、より早い対応をして行く事が出来ます。また、毎月の決算を正確にきちんと行っておく事で、決算期や年末調整、確定申告の際にスムーズに処理ができます。お金の動きを把握する事で利益を上げて行く可能性も高まり、繁忙期にまとめて税務処理をするとなるとさらに仕事がふえてしまいますが、毎月きちんとこなしておく事で、他の業務に力をそそげそうですね。

税理士に依頼をすれば、月次決算の結果を表やグラフにしてさらにわかりやすく整理してもらえる事もあるようです。数字ではっきりとみえてくると、仕事へのモチベーションも上がって行きそうですね。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ