会社設立・独立開業、最初の準備を税理士に依頼するメリットを考える

会社設立、独立開業などをするとき、先ず何から手を付けたら良いのかわからないというときに、全てを個人で調べてすすめて行く事はとても時間と労力がかかるもの。そんな時に税理士に相談をすると様々な業務を手助けしてくれます。

税理士によって多少の差はあるものの、資本金の額を決定する際や、株式に関する事、出資比率などの相談をするとアドバイスをしてもらえます。会社を設立した段階から、利益がなくても税金は発生してきます。設立の段階から税理士に相談をしておくことで、早い段階から節税など税務に関して無駄が無いようにしていけます。

税理士の費用などとの兼ね合いもありますが、場合によっては会社設立の手続きや書類の届出、融資、税務申告などトータルで請け負ってくれる場合も少なくないようです。良い税理士さんに出会えたら、そのまま顧問税理士として契約をするのもいいかもしれません。

税理士は様々な会社を見ていますし、税金のスペシャリストでもあります。設立後も会社を成長させて行く為の、経営や経理のノウハウもアドバイスしてもらえ、経理の帳簿などどのように作って行けばよいかなどについても教えてもらえます。場合によっては帳簿の作成などを請け負ってくれる場合もあるようです。

費用などは様々で、税理士事務所などにより差はあるようですが、サービス内容などもきちんと確認し、信頼関係の築ける税理士さんをさがしてみましょう。予算などを相談すれば、自分で出来る事と出来ないことを分けてサポートしてもらう事で低予算での依頼も出来るようです。会社の利益が増えて来た頃に少しずつ請け負ってもらう業務を増やして行く事も可能なようです。赤字を増やしたくないからと、すべて個人で頑張ってしまうと間違いは後で正せますが、労力を考えると最初にプロに手伝ってもらう事で設立後の業務がスムーズに進むのではないでしょうか。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ