顧問税理士との信頼関係を築き、税務処理をスムーズに行おう

顧問税理士とは、税理士法に基づいて、会社の税務に関する業務を代行したり相談に対応してくれる立場の人の事を言います。

主な業務としては、税金に関する申告・申請・請求の代行、また、それに伴う書類の作成などを行います。

一般的には、月に一度または数ヶ月に一度会社に訪れて、経営や経理に関する相談を受け、会社にとってより良い状態のためのアドバイスをしてくれます。場合によっては複雑な著簿などの作成も引き受けてくれるようです。

決算期や年末調整、確定申告の時期などは特に忙しく、税務書類の整理や申告などを代行してくれます。顧問税理士といっても仕事内容は様々で、会社との契約、顧問料、業務内容、会社の規模などにより顧問税理士が関わってくる範囲に差はあります。会社の予算的なものもありますが、顧問税理士の方に相談をしてお任せすることで会社の経営面の無駄なども教えてもらえる事もあり、経理に関しても業務がスムーズに行えるようになる事も期待出来るのではないでしょうか。

会社の運営など、自営業も含め、顧問税理士にお願いせずに自分たちで全ての業務を行う事も可能ですが、税務のスペシャリストでもある顧問税理士にお願いする事で、法令に基づく経営により良い方法をアドバイスしてもらう事が出来ます。また、顧問契約をして、同じ顧問税理士と長期に渡り関係を続けて行く事で、お互いの信頼関係も生まれ、顧問税理士側も会社の内情をある程度把握していくことで、資金繰りや節税などの経営に対してのより良いアドバイスをもらえるようになります。プロにお任せする事で、毎年の年末調整や確定申告もスムーズに不備無く、漏れなく行う事が出来るようです。

ただし、気をつけなくてはいけないこともあるようです。トラブルを防ぐ為にも顧問契約を結ぶ前に確認しておくべき事があります。顧問税理士は無資格では出来ません。無資格で税務を行った場合は税理士法違反の為、罰せられます。基本的な事ですが税理士登録をしているかを確認する必要があります。

税理士登録をしている者は、『税理士証票』と『徽章』が交付されているため、提示を求めるとよいかもしれません。申告書などの税理士の署名欄にも署名をしてもらえているかの確認は必要です。また顧問費があまりにも高額な場合も注意が必要です。顧問契約を受ける際には、数名の弁護士と合う時間を作りより良い弁護士との顧問契約をしていくことが大切のようです。信頼出来る税理士は、自ら税理士証票などを提示してくれることが多く、難しい税務などの事に関しても、とてもわかりやすく説明してくれるようです。

信頼出来る顧問税理士に出会う事で、会社経営や経理がシンプルでスムーズになれば、税務で忙しい季節も安心ですね。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ