銀行から融資を受ける為の資金調達のコツ、ポイントは資金繰り表

会社を運営して行くには資金調達はとても重要になってきます。ただし、銀行からの融資はとても難しく、銀行はお金を借りる必要のないような儲かっている会社にはお金を貸したがり、これから会社を発展させるために融資を受けて頑張りたい今は利益のない会社にはお金をそう簡単には貸してくれません。それはお金を返してもらえないかもしれないという可能性があるからです。

資金調達が必要で、銀行から融資が必要な時、どうしたら銀行はお金をかしてくれるのでしょうか。それには必ず返済出来るということを証明しなければなりません。ただし、銀行に足を運び、いくら口で融資をお願いし、必ず返済出来ます。と言った所で信じてはもらえず融資は受けられません。返済が出来るということを書類をつくりきちんと説明をする事が必要です。

一般的に作成される書類は、事業計画書・決算書・資金繰り表になります。この中で資金繰り表は最も重要なものになります。資金繰り表とは返済計画などを示すもので、作成のポイントは、融資を受けたお金の使い道、現在の会社の状態がどの程度の利益を出しているか、そこから返済が可能なのか。などを記した者です。

また、この資金繰り表の作成などに対しても、専門知識がある税理士に依頼をすることで資金調達を行う為のポイントなどもアドバイスしてもらう事もでき、実際に返済計画などもしっかりと立て、売上の計画などもきちんとつじつまが合うしっかりとしたものを作成してもらう事が出来ます。

税理士に依頼する事で費用はかかりますが、融資を受け、会社を成長させる為には、資金調達のコツを知っている、税理士の知識や経験に助けてもらう事もとても重要なことかもしれませんね。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ