税務調査がやってくる、調査当日までにチェックポイントを整理しよう

税務調査が入るとわかると、正しく申告しているつもりでも、緊張するものです。

税務調査とは、正しく適正に申告をされているかをチェックするもの。日頃からきちんとした経理が行われていれば問題はありません。ただし、正しく管理され、申告をされていても、書類の不備や紛失などがあると疑われてしまう事もあります。業務上の書類や領収書・請求書などはある程度の時期は保管しておく事が大切です。

では、税務調査の際の一般的なチェックポイントを紹介してみましょう。税務署からくる調査官は主に帳簿や請求書、領収書のほか、契約書、賃金台帳などを主に重点的に調べていくようです。それらを調べてなにかおかしな部分があった場合、さらに詳しく調べて行くことになります。経理の書類以外にも、出勤簿や受注簿、場合によっては社員同士のメールや取引先へのメールなども調査の対象になる場合もあるようです。

細かく分けると税金にもいろいろあり、それらを順々に調査が行われます。会社の業種や規模にもよりますが、所得税・法人税・源泉所得税・消費税・印紙税・相続税・贈与税などそれぞれを調べて行きます。

売上繰延や、売上計上の漏れ、過大経費、領収書の有無、経営者の個人資産や個人預金などもチェックのポイントになるようです。自宅兼事務所のような自営業などの場合は経費をチェックされ、出費内容が生活費ではなく、経費として認められるかどうかなども問題になって行く事が多いようです。調査員は経費を少なくしようとする事が多いため、生活費と判断が難しいものに関しては、きちんとした説明が出来るような準備も必要です。

税務調査が入るとわかったら、書類の不備や、お金の出入りに対しての説明がきちんと出来るよう把握しておくとスムーズに調査が行われるようです。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ