税金の納付、税額決定の方式や税金の種類を理解する

国民には税金を支払う義務があります。税金にはたくさんの種類があります。代表的な税金をいくつか紹介します。

『法人税』、株式会社などの法人に対して発生する税金です。法人の所得に対して、額によって税額が決定します。決算期に所得をもとに税額を計算され、納税します。

『所得税』、個人の所得に対して発生する税金です。所得額が多くなると税率が上がります。年末調整や確定申告などによって税額が計算されます。

『相続税』、親や親族などの死亡により、財産を相続する際に発生する税金です。日本では相続税法というものがあり、それに基づいて納税額を決めていきます。

『贈与税』、相続税とは違い、相手からの贈与によって受け取った財産に対して発生する税金です。これは財産を受け取った側に納税の義務があります。

『消費税』、商品の販売などに対して発生する税金です。商品を購入する消費者に納税の義務があります。

これらの税金を納める方式は、大きく分けて2種類にわけられます。

1つは『申告納税方式』、これは納税者が税法に従って税額を計算し、申告する納税方式のものです。代表的な申告納税方式の税金は、「所得税」、「法人税」、「消費税」、「相続税」、「贈与税」などです。

そしてもう1つは『賦課課税方式』、これは国や地方自治体が税額を確定する課税方式のものです。税額が決定すると「賦課決定通知書」が交付されます。代表的な賦課課税方式の税金は、「固定資産税」や「不動産取得税」、「自動車税」などです。

  • 「税理士ナビ!アナタの条件に合う税理士を見つけよう!」はアナタの条件の合う税理士を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ